プチプラからデパコスまで!クレンジングバームを選ぶときに注意すべき点

クレンジングバームを選ぶ際に必ずチェックしておきたいのポイントをご紹介します。

クレンジングバームはメイクとなじませた後に、「水で洗い流すタイプ」と「コットンなどでふき取るタイプ」のものがあります。

バスタイムに使うのなら、洗い流すタイプが便利です。

ぱぱっとメイクオフを完了したいときには、ふき取りタイプが良いでしょう。

それから、クレンジングから洗顔まで一つで完了させられる、W洗顔不要なものもあります。このタイプだと洗顔時の摩擦回数が減るため、うるおいを奪いすぎずしっとりとした仕上がりになります。

また、クレンジングしつつフェイスマッサージもしたいのなら、肌に負担をかけないよう、伸びの良いタイプを選ぶのがおすすめです。

微粒のスクラブが配合されているものは、小鼻など汚れがたまりやすい部分のケアに向いています。テクスチャーについては、リップバームのようななめらかなものもあれば、シャーベットのようなさらっとしたのものもあります。

特定の添加物(香料や着色料)が、1つでも入っていなければ無添加と表記できます。そのため、無添加表記のクレンジングバームでも、肌に合わないものや、肌質によっては刺激に感じる可能性がある成分が配合されていることがあるので注意しましょう。

これらのことをふまえて、ご自身のライフスタイルや肌質、好みに合わせて選んでみてくださいね。

関連記事

  1. ビオデルマサンシビオ エイチツーオー Dの良い口コミ悪い口コミ

  2. ガスールのような美容泥クレイパックの効果を十分に発揮させるコツ

  3. NIVEAニベア クリームケア洗顔料 しっとりの良い口コミ悪い口コミ

  4. 【3つ洗浄力比較】CLINIQUEクリニーク,TRHEE スリー,DUOクレンジングバーム

  5. 敏感肌クレンジングオイルシュウウエムラのアルティム8とアテニアを比較

  6. ロフト店舗限定販売!duoデュオザクレンジングバームクールで毛穴引き締め